« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 1日 (木)

強壮だけじゃないよ、「にんにくは」!

M229_1 昔から「にんにく」といえばすぐれた強壮食品として知られていますが、それだけではなく、にんにくはおいしい「スパイス」としてもいろいろな食べ物に利用されています。

たとえばガーリック○○○とか、にんにく○○○といったスナック類やめん類など広範囲に利用され販売されています。

このようにすべてが「スタミナ」「健康」だけの目的ではなく、「スパイス」としての魅力で食べている方はとても多いです。

とくに料理にはほんの少量使っただけでもとてもおいしくなり「コク」がでますから、中華料理・韓国料理・フランス料理・イタリヤ料理などと世界中で「にんにく」は重宝されています。

炒めたり、焼いたりした「にんにく」は食欲をそそるとても良い香りがしますよね、そしてすごいのは「にんにく」のアリシンが肉のタンパク質と結びついて「くさみ」を消してくれるので料理の風味をいちだんと味わい深くします。(かつおのたたきやジンギスカンの料理には最高ですよ)

このようにスパイスでも「にんにく」は大活躍なのです。

★--にんにく調理のワンポイント!--★

Photo_212にんにくに芽がある場合は取り除く

にんにくの芽はじゃがいもの芽とは違い毒性はありませんが、炒めたとき黒く焦げやすく食べたとき口に残ることもありますので薄切りやせん切りにするときは取り除いた方が良いでしょう。※細かく刻む場合は取り除かなくPhoto_213てもOK

加熱するときは

にんにくを炒めるときは、火にかける前に油と一緒に入れて弱火でじっくり火を通すと香りがよくなりPhoto_214ます。

熱した油にいれるとすぐに焦げてしまい、香りも立ちにくくなります。

切り方

みじん切りを作るときは、薄切りにしたにんにくを端から千切りにし、それから細かく刻むと風味がよく出ます。

Photo_215すりおろし

にんにくはすりおろすと辛味がでます。

おろして時間がたつと緑色に変化する場合もありますが、心配はありませんのでおいしく食べてください。

どうですか 少しは参考になったでしょうか?

それでは「にんにく」をおいしく食べて 明日も 元気! 元気!でいきましょう。

★---今日の1枚----------★

Photo_2

さあてお立会い・・・御用とお急ぎでない方はよってらっしゃい見てらっしゃい!・・・で有名な茨城県筑波山の四六のがまです。

がまの油の採取の仕方は、がまの顔を鏡で見せて、あまりにも醜い顔で驚いた「がま」が、額からタラーリ、タラーリと油汗を流し、その油汗から万金膏がまの油を作ると「香具師】」(やし)は口上するが・・・・ ほんと? なわけないよね。(今でも筑波山ではがまの油を販売しています)

【香具師】 (祭や縁日、あるいは人通りの多い大道などで、見世物や、口上をのべての品物商いを業とする者) ※寅さんも同様ですね

blogランキングに参加しています ココを押して私を応援してください。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 2日 (金)

「健康」購入してきました。

Photo_217 5月31日に紹介しました「健康」が発売されたので、今日さっそく本屋へ直行し購入してきました。

表紙には万能選手「ニンニクの百味・百効」、その下に「記憶力アップや美肌に効く、にんにくからとった「アホエンオイル」と紹介!中には「アホエンオイル」のつくり方も写真入りで説明されていて、とても参考になる1冊だと思いますのでぜひご覧になってみてください。

★----にんにくコラム―――★

にんにくの産地で有名な青森県の話

Photo_218 青森県の弘前市から鰺ヶ沢(あじがさわ)へ向かう県道の途中に鬼神という地名があり、その集落には、「鬼神社」があり鬼が御神体として祀られ、農業の守護神として地域の人々の信仰を集めているそうです。

言い伝えは、このあたりはもともとやせた土地で、作物の実りはきわめて悪かった。そこへ、岩木山から下りてきたという鬼が現れ、せっせと荒地を耕し始めたそうです。

村人は、これはただの鬼ではないと思い、開墾の困難と農業用水の必要を鬼に訴えると鬼は、それでは力を貸そうと言ったきり、姿を消してしまった。ところが、翌朝になってみると、荒れ地を潤すように、一筋の水の流れが勢いよくほとばしっているではないか。村人たちは、さっそくその水を田んぼに引き、以後、その水は干ばつの時も決して枯れることはなかったという伝説があります。

だからここでは2月の節分だって、「鬼は外、福は内」じゃ鬼に失礼ですから、「鬼は内、福は内」と言って豆をまくそうですよ。

そしてその鬼は「にんにく」が好きだったので「にんにく」をまつりはじめたそうです。

※毎年7月の祭りの日にはにんにくを売る人・買う人で大変にぎわいます。

やはり鬼も開墾するには「スタミナ」が必要ですから「にんにく」必要不可欠だったのかな?

----今日の1枚-----

Photo003

ここ茨城県真壁郡大和村にある雨引山楽法寺では「孔雀」が3羽ほど放し飼いにされていています。羽を開くのをしばらく待ちましたが、私が「雄」なのを知ってか、開いてくれませんでした・・・・・。

blogランキングに参加しておりますのでココクリックで応援お願いします。

●巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 3日 (土)

茨城へプチツーリング

子供がテレビで「下妻物語」を観ていたのを思い出して、一昨日 天気が良いので午後から茨城県下妻市の田園を見にプチツーしてきました。

Photo_216 ツーリングといっても「バイク」ではなく私は「スクーター」ですが・・・・

スクーターはシートの下にたくさん荷物が入るので、ツーリングにはとても便利な単車なんですよ。

以前バイクでのツーリング時は、後ろのシートに雨具をゴムで括りつけたりカメラや地図等をタンクバックに入れたりと結構大変でしたが、スクーターにしてからは準備も楽でポンとシート下に放り込んですぐ出発ができ、帰りにもちょっとしたおみやげも買ってこれるので大変便利です。

さらにクラッチがないので疲労感も少なく私には嬉しい限りです。

3_1 国道4号線を北上し途中から下妻方面に右折してしばらく走ると、ここ小貝川の河川敷にあるふれあい公園が花一杯で迎えてくれます。

今年もきれいにポピーが咲いていて、1時間くらいゆっくりと鑑賞

いつもならデジカメを持って、いろいろなアングルから写真を撮るのですが、前にも紹介しましたが、2台とも壊れてしまい撮れないのがとても残念です。

1_15

まっそれでもちょっと構図を考えて携帯のカメラで撮ってみたところ・・・・

携帯でも以外と良く撮れるのでちょっとビックリです。

今まで携帯の画素数が最低にセットされていたので、(知らなかった)携帯ではこんなもんか・・・と諦めていましたが・・・すごいんですね今時の携帯は・・・ということでちょっと楽しくなりバシバシ撮っていたら、画素数が高いこともあり・・・すぐに容量オーバー!

この後の写真は1枚づつ消しながらのショットとなり、操作がイマイチ把握していない私はちよっと大変でした。

Photo_219 下妻「道の駅」です(ここでちょっと一服)

屋根の上に展望台があり「映画下妻物語」で出てきたような「田園風景」が一望できます。

Photo_220 屋根の上までは階段で上がるため、ちょっといい運動になりました。(ゼーゼー)

ここからの眺めは、田んぼの緑・・・だけですが今の時期とてもきれいでしたよ。

ここで40分位休憩したあと、途中道端にあった「雨引き観音」の看板がなぜが急に思い出してしまい、ちょっと行ってみる事にしました。

Photo_226 看板の指示通りに走るとなぜか道幅が狭くなり、アレ?どこかで間違えたかな?と思いながらもさらに走り続けると・・・なんと木が倒れて道を半分塞いでおりました。

車だったらUターンも出来ない道幅なのに?(ちょっとこの先不安)

Photo_222 とりあえずスクーターなのでそのまま進むと急に広い道に出て、その目の前に雨引き観音(茨城県真壁郡大和村にある雨引山楽法寺)がありました。

やはり道を間違えていたようです。(ヤレヤレ)

雨引き=雨水は万物を育てるということで、ここはとても御利益があるとのことです。

特に子育てには良いようで赤ちゃんや子供連れの方も多く参拝に来られていました。

また観光スポットなのか、旅行会社の研修生も15人位観光バスで来ていて、勉強をしているようでしたので、私はそのそばで聞き耳を立ててガイドの説明をちゃんと聞いて勉強させていただきました。

1_17 驚いたのがこの「孔雀」です。

昨日のブログの中でも写真で紹介しましたが、境内で「孔雀」の放し飼いにしているのはとてもめずらしいです。

「孔雀」が逃げてしまうので、犬などのペットを連れての参拝は出来ませんので気をつけてください。

その後、平らな道ばかり走ってきたので、ちょっとスクーターを傾けて走りたくなり筑波山に寄り道して、ちょっと走りを満喫した後、自宅に帰りました。

自宅に帰りテレビを観ていると6月より始まった駐車違反取締の民営化により駐車が厳しくなったことを報道されていましたが、今日走った道ではまったく別の次元の話のように聞こえ、なんだかおかしく感じてしまった1日でした。

★――――今日の1枚―――――★

Photo_225 

つくばねの 峰より落つる 男女川
恋ぞ積りて 淵となりぬる

(万葉集)

男体山・女体山の双峰からなる筑波山は、標高876メートルの山ですが関東一円どこからも望めるのでとても高く見える山です。

blogランキングに参加していますので、ココクリックで応援お願いします、

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 4日 (日)

「わんぱく相撲 豊島区大会」

Photo_221 昨日の巣鴨では、ちびっこわんぱく相撲大会が行なわれました。

巣鴨にある眞性寺境内で男の子・女の子用の特設土俵を2つ設置し豊島区在住・在学の小学生の相撲大会です

眞性寺の特設会場の周りはお父さん・お母さん・見物人などで人だかりの山となり、みんなが大きな声で子供達に熱い声援を送って応援をしていました。

Photo_227 こちらは女の子の土俵です

女の子だってとても元気に「のこった」「ノコッタ」と一生懸命小さな体で戦っていました。

ただやっぱり女の子です・・・試合に負けて泣き出しちゃう子もいましたね。

4 こちらは男の子の土俵です

さすが男の子です

力強い相撲をしていてとても熱戦でした。

Photo_228 土俵入りは巣鴨地蔵商店街を「ボーイスカウト」のエスコートにより、学年別に歩いて行なわれていました。

みんな「ドキドキ」している様子もなく、とても楽しそうに笑顔で歩いていましよ。

これはとても良い企画ですよね、巣鴨は昔ながらの大切なものを残している街ですが、このように子供達の遊びまで残すとは・・・・・恐れいりました。

Photo_229 表彰式はごらんのように、大きな体をした「お相撲さん」まで登場し、とても盛りあがっていました。

さらに、この企画のいいところは、豊島区在住・在学の子供達なので、学校内やクラスを超えた交流もできるので子供達にとっても、とても良い企画だと思います。

いつもは、おばあちゃんでにぎわう巣鴨も、今日は元気な子供達でにぎわった巣鴨地蔵商店街でした。

☆----今日の1枚―――☆

Photo_231

筑波山から、とても気持ち良さそうに空を飛んで降りてきました。

「私には絶対できないスポーツの1つです」

blogランキングに参加しています、ココをクリックして応援お願いします。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 5日 (月)

縁日の巣鴨

みなさん今日は縁日の巣鴨の様子を写真でご紹介いたします。

よく縁日といえば、たくさんの露店が出ますが一般的には、お好み焼き、たこ焼き、やきそば、今川焼き等が代表的ですよね、でもここ巣鴨では・・・・・?(一部ですが紹介しちゃいま~す)

Photo

ご覧のように巣鴨地蔵通り商店街は人・人・人です。(原宿以上かも?)

Photo_239

洗い観音前もご覧の通りです。

Photo_240

高岩寺の横にある道も縁日には花屋が出店します。

Photo_241

巣鴨ならではの露店商品「かつら」です。

Photo_242

ゴムヒモ  東レナイロン仕様 女令ヘヤーベール?

Photo_243

みそ漬けまで出店しています

Photo_244

佃煮もありました。

Photo_245

かわいいキューピーちゃん

Photo_246

ご婦人の下着までも!

Photo_247

落花生

Photo_248

手相占い

★ サーバー不調!!

途中で大変申し訳ございませんが、ココログサーバーへのレスポンスが非常に悪く「プロキシーエラーが発生していまい、これ以上のご紹介は不可能になってしまいました。

原因はココログのお客様ご利用状況の増加に伴った負荷の予測が甘く、結果として今回のレスポンス悪化を招いているとの事です。

しばらくは「写真」なしで負荷を少なくすれば、なんとかアップできるのかな?・・・・・ちょっと心配ですが・・・。

清き一票をblogランキング←こちらをクリックして応援してください。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 6日 (火)

工場視察

昨日、当店で販売されている中の人気商品「しそ巻きにんにく」の製造工場へ視察同行してきました。

1_16 巣鴨近くの王子インターから首都高速に入り常磐道で茨城ヘ向かいます。

常磐道千代田石岡インターで降りて国道6号線を右折し、本日の目的地である鉾田市に到着。

Photo_249 ここが「しそ巻きにんにく」を製造している工場です。

工場の中に入るにはもちろんこのままでは入れません、髪の毛が混入しないように頭にネットを被りその上に白帽子と白マスク、そして白衣に白長靴と上から下までまず白装束状態にならなければなりません。

1_18 まるで細菌を取り扱う研究員のような姿です。

手洗いをした後、部屋の床を掃除する「コロコロ」のようなもので白衣についているチリやゴミ、髪の毛を取り除き、水の流れる通路を歩き小さな部屋に一旦入ります。

小さな部屋に入るといくつか穴があり、そこから風が吹き出て「エアースプレー」で「コロコロ」で取れなかったチリやゴミ、髪の毛を吹き飛ばすという仕掛けです。

そしてやっと工場の中に入ることが許されます。

ここの工場では当社の商品以外にも、お惣菜を取り扱っておりいろいろな機械ロボットも稼動しておりました。

初めてみる機械や、工場内で働く人達の衛星・品質管理に驚かされるばかりでした。

ここで製造されたお惣菜はJALでも販売されているそうでいろいろ試食もさせていただきました。

食品を販売する私たちも工場を見ることにより、納品されたひとつ1つの商品に更に深い愛情が注がれますよね。

販売員の定期的な見学会もいいかも! そんな勉強の1日でした。

blogランキング←こちらをクリック 清き一票をお願いします。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 7日 (水)

あけぼの山農業公園ツーリング

昨日は午後からプチツーリングしてきました。

場所は千葉県柏市にある、あけぼの山農業公園。

ホームページを見てどうしてもあの風車が気になっていたので・・・・。

Photo_250 自宅からはスクーターで約45分の近場ですが、いつでも行けると思う気持ちからか、なかなか行けなかった近くて遠い場所がここでした。

ちょうど今の時期「ポピー」がきれいに咲いていましたが、「ポピー」は茨城県の小貝川で見てきたばかりなので、ちょっとがっかり・・かな?

でも風車があるとちょっと雰囲気が違い、オランダっぽくてとても絵になります。

ではちょっと風車の近くに行ってみましょう。

Photo_251近くにスクーターを止めて近寄ってみると・・・・

風車は風でまわっているのではないようです。

近くでは クオー クォー とモーターの音が聞こえてきました。

風車の羽は近くでみるとけっこう大きいんですよ。

Photo_252風車の横には大きな池があり、その池の真中を人が渡れるようになっていて、池の中で咲く赤と白のきれいな蓮の花も楽しめました。(池の中では大きな鯉もたくさん泳いでいます)

風車の近くには農業の資料館やアスレチックもあるということで少し運動不足のためアスレチックでもしていこうと思ったのですが・・・・

止めときました。

筋肉痛が辛いですからね(最近翌日ではなく2日後あたりから筋肉が痛みだすようになったのですが、それってやっばり年ですか?)

Photo_339 という事で、しばらくまわりを歩いてみることに・・・・すると日本庭園と書いてある看板が目に止まりしばらくここでゆっくりお散歩することにしました。

いや~いいですね~

とても落ち着きます

平日なので人も少なく、庭すべて一人占め状態でした。

2_10 休憩用のイスに座り、ちょっと一休み・・・・シーン とても静かです・・・

まるで時間が止まってしまったような そんな空間でした。

(ここは午後5時で閉門になるということです)

ここでゆっくり散歩した後、すぐ近くにお寺があるので行ってみることにしました。(最近なぜかお寺や神社廻りが多くなりました)

Photo_254 お寺は紅竜山布施弁天東海寺(布施弁天)です

ここは関東三大弁天(江ノ島,浅草奥山)のひとつで、文化七年(1810年)の創建されたそうです。

それにしても「オランダ風車」「日本庭園」そして「布施弁天」と、ここは見所いっぱいありますね。

Photo_255 三重塔もありました。

でもこれは昭和の造建なので、文化財ではないようですがこの三重の塔の中には不動明王像を安置しているそうです。

境内にはムクノキ、ケヤキ、スダジイなどの巨大な木が何本もあり、特に本堂脇のカヤは柏市内では屈指のものらしいです。

Photo_256 毎年1月1日の元旦は獅子舞が行なわれ小さい子供が、獅子に頭をかんでもらって無病息災を祈るのが定例で大変にぎわうそうです。

写真では鐘は1つしか写っていませんが、その両側にも鐘があり計3つもありました。

私は真中の鐘を鳴らして健康を祈願しました。

Photo_257 (御献灯)

1本のろうそくの灯りは浄土の世界を1万光年照らすといわれているので、1本ローソクに灯りをつけて、手を合わせてきました。

最近物がよく壊れるのでこれで御利益があればいいのですが・・・・

ここのところ近場プチツーリングが多くなりましたが、走り主体のロングツーリングも楽しいけれど近場でゆっくりいろいろ見物するのも結構楽しいもんですね。

次は道の駅(未知の駅)めぐりツーリングをひそかに計画中です。

blogランキング←こちらをクリック 清き一票をお願いします。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 8日 (木)

巣鴨で体験学習

豊島区立巣鴨北中学校では、職場体験学習という授業が総合学習の中にあり、巣鴨にあるいろいろな職場から自分が体験したいと思う仕事を事前に調査学習をして、その後2日間実際に選んだ職場で働き体験学習をするそうです。

Photo_258 当店の奈田利亭には「本店に1名(本山さん)」、「地蔵店に1名(後藤さん)」が6月7日・8日と2日間体験学習に来られました。

後藤さんには「写真をブログで公開してもいいでか?」という質問に笑顔で承諾して頂きましたので載せさせて頂きました。

後藤さんは食べものに関することや販売にとても興味があるので「奈田利亭」を選んでくれました。(将来は販売に関係する仕事をしたいそうです)

本山くんはうれしいことに「にんにく」が大好きで「奈田利亭」での体験学習を楽しみにしていたそうです。

以前宮城県からも体験学習で来られましたが、机上教育だけでは教えられない事もたくさんあると思いますので、このような授業はとても良い経験になるのではないでしょうか。

また体験学習で、皆さんが来られることにより逆に「初心忘るべからず」ではないですが、こちらも皆さんから学ぶ事ってたくさんあったんですよ。(ありがとう!)

最後に豊島区立巣鴨北中学校のみなさん2日間大変お疲れさまでした。この体験を大切に立派な大人に成長していってください。

blogランキング←こちらをクリック 清き一票をお願いします。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月 9日 (金)

三郷の「ピアラシティ」で

先日ダ・ビィンチコードという映画が気になって久しぶりに映画館に行きました。

1_21 場所は外環三郷ジャンクション西出口そばにある「ピアラシティ」です。

ここは自宅から車で約20分の近距離で楽々です

「ピアラシティ」はイトーヨーカドー・スーパービバホーム(生活館・資材館)・ムービックスから構成されていて、3100台の駐車場があるので車の場合はとても便利です。

Photo_263 これが今日のお目当て映画「ダ・ビィンチコード」です

テレビで「モナリザ」や「最後の晩餐」の絵にいろいろな謎が隠されている番組を見たのでとても興味深々です。

また最新鋭な映画館「ムービックス」にも興味深々。

※ まるで映画館にはじめていく、子供状態です

Photo_264 映画館は2階にあるので、エスカレーターで昇っていきます。

なんかディズニーランドにあるアトラクション内の雰囲気で、これから未知の世界へご案内・・・という感じです。

照明と色づかいがとても良い感じ!

ちょっとワクワクしてきました。

1_22 エスカレーターを昇りきるとそこは広~いチケット売り場とファーストフードがあります。

チケットはインターネットで購入(クレジット決済)できる「おさきにNet」を活用すれば、当日チケットボックスに並ぶ必要もなく、また完全座席指定制なので上映開始までの時間を有効に使えるのですが、平日なので私は当
日券をここで購入しました。

Photo_265 私は年齢が・・・なので、特別割引の¥1.000ポッキリでチケットが買えてしまいました。

うれしいやら・・・さびしいやら・・・・複雑な気持ちです。

ちょっと小腹が空いていたので、ファーストフードでホットドックやポップコーン・ドリンクを買って、イスに取りつけるとテーブルになるトレーを持って、いざシアターへGO!

番号で案内されたが12シアターもあるとちょっと戸惑ってしまいました。

さて本題の「ダ・ビィンチコード」ですが、会話がメインとなっている映画なので字幕を「必死で追いかけなければなりません」そしてダビンチの「絵」が出ると、もうお手上げ・・・・・両方は見られませ~ん。

完全に「おいてけぼり」状態ななってしまいました。

専門用語やあまり知られていない人物や事件も出てくるので「謎」が「謎」になってしまい●■▲?(笑)

この映画をこれからご覧になる方にアドバイス!

① できれば原作本を事前に読んでおくこと

② 吹き替え版でじっくり映像を見ること

以上2つがこの映画の真骨頂である「謎」の解き方に集中して映画を楽しめる条件ではないかと思いました(反省!)

blogランキング←こちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報もご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月10日 (土)

にんにくのにおい!!

Photo_266 みなさん「にんにく」食べてますか?

以前にも紹介しましたがこれからの季節には「にんにく」でスタミナをつけて「やる気マンマン」「夏バテ防止」で頑張っちゃいましょうね。

でもにんにくを料理に使うと「まな板」や「包丁」に「にんにく」のにおいが・・・・という方もいらっしゃいますよね。

そこで今日は「にんにく」のにおいを減らす調理法と食後のコツを教えちゃいま~す。

まず、その前に予備知識として、次の順で「にんにくの匂い」が強くなっていきますので覚えておくと便利ですよ。

(生にんにく)

①・・粒のまま(★)

②・・薄切り(★★)

③・・千切り(★★★)

④・・みじん切り(★★★)

⑤・・すりおろし(★★★★)

(加熱にんにく)

①油で揚げる(☆)

②焼く(★)

③蒸す(★☆)

加熱することにより匂いは抑えられます。

Photo_267 にんにくは切ったりして「にんにく」に傷をつけると細胞が壊れ「アリシン」ができて「におい」が出ますので切れば切るほど匂いも強くなり健康成分も多くなります。(食べる時に歯で噛ば噛むほど・・・も同じです)

よって、みじん切りやすりおろし等にんにくを細かくする場合はラッブやポリ袋に入れて包丁の背で叩けば、包丁やまな板に匂いがつかないので大変便利ですよ。

そして食べた後の匂いですが、チーズや牛乳などの乳製品は一般的ですが、お茶がらやガムを噛むのも効果があるようです、また煎ったコーヒー豆を噛むと唾液効果とコーヒー豆に含まれるフルフリール基が匂いの成分を消す働きがあるようですので試してみてはいかがですか。

(耳より情報)

みなさん「青森県産のマイルドにんにく」って知ってますか?

マイルドにんにくは無臭にんにくとは違い、にんにくの匂い(健康成分)はあるのですが、食べた後匂いが気にならないという画期的な「にんにく」なんですよ。

やっぱりにんにくは食べる時に匂いが無くちゃ美味しくないよ!

でも後で匂いが残るのが気になってどうしても遠慮しちゃうんだよな~。

そんな方はぜひ「マイルドにんにく」を1度試してみてください。絶対気に入っちゃいますから!

blogランキング←こちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月11日 (日)

私のおすすめ菖蒲

昨日当店に葛飾区堀切から来られたお客様がいて 今堀切菖蒲園の菖蒲が見頃だそうです。(ぜひ来てくださいと何度も催促されまして)

堀切菖蒲園は京成上野線、堀切菖蒲園駅から徒歩約10分の場所にありとても有名です。

でも私はなぜか菖蒲というと千葉県「松戸市にある本土寺」に毎年行ってしまうのであります。(ごめんなさい)

※でも今年は素直に堀切菖蒲園に行こうかな?

なぜか今住んでいる場所から上りより、下りが好きでつい!(バイクはやっぱり下り方面が快適なんですよね~)

「本土寺」

Photo_273 電車でのアクセスは千代田線北小金駅から徒歩で約10分ぐらいの場所です。

私はいつもバイクで行ってしまいますが車の場合は駐車場がないので電車が便利かと思います。

なぜここがお気に入りかというと、紫陽花と菖蒲が両方楽しめるからです、紫陽花がちょっと遅れるのですがあと1週間もすれば1度に両方見られますのでその時期を狙います。

Photo_274 写真は昨年の6月に撮ったものですが、紫陽花とお寺と雨がなぜか心を癒してくれるので今からとても楽しみです。

※カメラの腕が悪いので上手に撮れなかったのが残念です

2_12

Photo_270

Photo_271

.

.

.

庭を歩いていると、途中ベンチがたくさんあるので、そこに座りゆっくり眺められるので歩くのも苦になりませんよ(ちょっとジジくさいです!)

Photo_272 そして歩くとけっこうお腹が空くので、私はいつも参道にある「漬物屋」さんでこの「漬物定食」を頂きます。(ごはん すすみま~す)

「つけもの」だけなんですがとてもおいしくて「おみやげ」にいっぱい買って帰るのがお決まりになってしまいました。(またまたジジくさい!)

お近くの方はぜひ1度訪れてみてくださ~い。

blogランキング こちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月12日 (月)

葛飾区 菖蒲まつり!

いよいよ今日ですね、オーストラリア vs 日本

ということで、ブログを早めに書いてTV観戦しなければね。

昨日花菖蒲の記事を書いていたら、やはり「堀切菖蒲園」に行きたくなってしまい、今日行ってきちゃいました。

場所は東京都葛飾区堀切で自宅からスクーターで約30分のお散歩距離です。

Photo_125 私はてっきり入園料を払うのかと思っていましたが、なんと無料なんですね。

ここの花菖蒲は1804年~1817年、当地の農民「伊左衛門」によって栽培されたのが始まりと伝えられており、花菖蒲の種類も約200種6.000株に及ぶそうです。

中に入ると花菖蒲全体を見るというより、1つ1つの花菖蒲を鑑賞していくという感じで植えられているようです。

しかし平日にもかかわらず、たくさんの方が来ていますね。(という自分もそうですが)

Photo_115 Photo_70 Photo_171

.

.

.

.

せっかく綺麗な花の紹介なのに、携帯電話での写真で申し訳ございません。

Photo_71 ところで皆さんはアヤメ・カキツバタ・花菖蒲の見分け方はご存じですか?

私はまったく同じに見えるので、ちょっと調べてみたところ次の違いがあるそうです。

開花期

アヤメ・・5月上旬~中旬

カキツバタ・・5月上旬~下旬

花菖蒲・・6月上旬~下旬

花びらの付根

アヤメ・・網目の模様がある

カキツバタ・・網目の模様なし

花菖蒲・・網目の模様なし

アヤメ・・主脈不明瞭

カキツバタ・・主脈細く小さい

花菖蒲・・主脈が太い

アヤメ・・色(紫・まれに白)外側の花びらに黄色い模様があり乾いた所に育つ。

カキツバタ・・色(青紫・紫・白・絞りなど)水中や湿った所に育つ。

花菖蒲・・色(紅紫・紫・絞り覆輪など)湿った所に育つ。

※ちなみに私はこれでも区別はつきません。

菖蒲と花菖蒲

5月の節句(菖蒲湯)に使われる菖蒲は花菖蒲ではありません。

菖蒲はサトイモ科の植物で葉と茎に独特の香りがあります。葉の形が似ているので名前も似ていますが花菖蒲はアヤメ科になりますので、まったく別ものだそうです。

ということでちょっと勉強したあと、ここ菖蒲園の近くに「いぼとり地蔵」が極楽寺にあるというので行ってみることにしました。

Photo_182 最近加齢?のため、顔の切り傷がイボ状に後が残ってしまい困っていたのでお地蔵さんに取ってもらうことに・・・・・。

菖蒲園から徒歩5分位歩いたところに「いぼとり地蔵」がありました。3体のお地蔵様の前に塩が置いてあったので、巣鴨のとげ抜き地蔵のタオルと同じかな?と思い、塩をお地蔵さんの顔に擦りつけてみましたが、これでいいのでしょうか?

1_11 よくわからないので、次の方のやり方を見ることにしました。

う~んどうやら違うようですね。

お地蔵さんにふりかかった塩を自分のイボにつけているような・・・

あちゃ! お地蔵さんごめんなさい「塩を顔にこすりつけてしまいました」

水元公園

Photo_128 あまりにも自宅から近いので時間が余ってしまい、同じ花菖蒲で有名な葛飾区の金町にある水元公園によってみることにしました。

しかしきょうは花菖蒲づくしです。

こちらの公園には大きな池があり、とても広く約81、7万mもある区内最大の公園です。(約八十種1万4千株の花菖蒲がご覧になれますよ)

Photo_195 Photo_135 Photo_230

.

.

.

.

Photo_53 堀切菖蒲園でもそうでしたが、一眼レフの立派なカメラと三脚を持って写真を撮っている方が最近多く見るのですが、今一眼カメラブームなの?

この方は、なんと「長靴」まで履いて田んぼのような湿った土の中まで入っての写真撮りです。

三脚も泥だらけですが、なんかとても楽しそうでした。(シャタースピードが・・・絞りが・・・レンズが・・・とか楽しそうに話してましたが・・)

いい1枚がきっと撮れたことでしょう。

※今日は豊島区から葛飾区へちょっと浮気しちゃいました。 巣鴨さんごめんなさい。

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月13日 (火)

バソコン駆使で肩こり・目の疲れが

最近パソコンのやりすぎで?「肩こり」「目」がすごく疲れるのですが皆さんはどうですか?

諸事情によりモバイルを使うようになったので、なお更なのかな?・・・

そこで何か良い方法がないかいろいろ調べてみたところそれらの不快症状をやわらげる方法がありましたのでご紹介いたします。

肩こり

どうやら偏った姿勢からくる胸椎全体のゆがみ、背中や肩の筋肉のバランスが崩れ、肩がこのやすくなっているようです。

そういえばイスの肘あてにすぐ寄りかかり体を傾けることが多いような・・・。

そこで胸椎全体のゆがみを正すには背筋を伸ばすことが必要で次の動作により肩の血行がよくなるそうです。

Photo_46 1 あおむけになり、両足を伸ばす。

2 手のひらを床につけたまま、息を吸いながら両足を持ち上げて頭越しに両足を倒す。両足を倒したら、そのままの体勢で息を止めなるべく我慢する。

3 苦しくなったら、息を一気に吐いて脱力。10秒間そのまま静止して終了。

※ うまくできないときは、イスなどの上に両足を乗せてもOKです、とありましたが私はイスなど必要なくできました(自慢にはならないぞ・・・)

目の疲れ

パソコンをしていると目がショボショボしてくるのは近くばかり見ているためピントを合わせる毛様体という筋肉が疲労しうまく動かなくなるからだそうです。※私の場合は老眼も影響ありですが・・・(笑)

そんなときは頚椎3番を刺激する背中伸ばしが効果的で目の緊張がやわらぎすっきりするそうです。

Photo_137 1 あおむけになり、両足は肩幅程度に開き、両手は真横に伸ばしてからひじを直角に曲げて両手はジャンケンのグーにする。

2 胸を張って(肩甲骨を寄せて)大きく息を吸って止め、できるだけがまんする。 ※できるだけ胸を張ると効果がアップ!

3 苦しくなったら息を一気に吐きながら、両腕を下げて脱力する。そままま10秒間静止して終了。

ということでさっそくやってみたところ これがとても気持ちいいんです。

肩こりや目のショボショボも確かにやわらぐようなので、しばらく毎日寝る前に1日1回実行してみることにしました。(自分には効きそうです)

結果は1週間後またここで報告させていただきます。

「人によっては個人差もあると思いますが1度お試しあれ!」

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月14日 (水)

地域限定!にんにく・・・?

地域限定といえば、そうです北は北海道から南は沖縄まで多種多用にある「キティちゃん」シリーズ。       
       
今では「カリフォルニアキティ」「自由の女神キティ」「チマ・チョゴリ・キティ」など海外まで進出しているほどの人気ぶり。       
       
その中ですばらしいキティちゃんを発見しました。       
       
青森県限定の「にんにくキティ」ちゃんです       
            
Photo_156  これが「にんにくキティ」です       
       
とてもかわわいですよね       
       
もちろん匂いはありません(笑)       
       
ちなみに青森県には他に「ねぶた祭りキティ」「りんごキティ」「大間まぐろキティ」「津軽三味線キティ」などがあります。       
       
にんにく新バージョン 「にんにく」 いいですね~        
       
もちろん巣鴨にも「巣鴨とげぬき地蔵キティ」「おばあちゃんキティ」などもあるんですよ。       
       
今は画像がないのでご紹介できませんが、巣鴨限定もとてもかわいいので次回ご紹介したいと思います。       
       

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月15日 (木)

レトロを楽しむ大人の遊び?

巣鴨にレトロな遊びができる大人?のお店を見つけました。

66 店名は「ルート66」

ここは昔の遊び・おもちゃであったレーシングカー(今はスロットカーと呼ぶそうです)の販売と、それを実際に走らせて楽しめる大きなコース(20m)があるお店です。

昔というのは60年代の頃であり「野球板」や「トランシーバー」などが流行った男の子の遊びでその中でも「レーシングカー」は当時憧れの遊びの1つでした。

私は当時欲しくても買ってもらえず友達の家で遊ばせてもらっていた記憶があります。

Photo_172 店中に入ると当時のホンダやロータスなどのF1からミニやアルファロメオなどのストックカーまでいろいろあり、お客さんも中高年の方がほとんどでした。

たぶん私と同じで当時欲しくても買ってもらえなかった方が、時間とお金にゆとりができた今、?・・・・・(と勝手に思っております)

ではここでレーシングカー(スロットカー)を知らない方の為にどういう遊びか簡単に説明いたします。

Photo_191

車はモーターで走る1/32プラモデルですが、電源は乾電池ではなく、コースから供給されます。

写真のように前輪の前にはコースの溝に入る突起したヒレみたいのがありその両側にモーターに繋がっている+と-の電極があり、ここから電気をもらい動く仕掛けです。

Photo_224 つぎにコースですが、コースには溝がありその溝に沿って両側に+と-の電極があり電気が流れています。

この電気はスロット(ピストルに銃口がないような形)に反応して電力が強弱します。

よってその上に置かれた車は電力が強いとモーターの回転が速くなり、逆だと遅くなるのでそれでスピードをコントロールして走らせます。

溝はそんなに深くないので、スピードの出しすぎでコーナーに入ると車がはねたり、ひっくりかえったしてすぐコースアウトしてしまうので、そのコントロール感が腕の見せ所です。また車も精密度が高く実車のようなので、当時の名車を走らせることでも満足感があります。

そして更にマニアックな方はボディ・シャーシーカスタムやモーター・ギヤ・シャフト・タイヤ等駆動系のカスタムをして定期的に行なわれているタイムアタックレースにも参加をして楽しんでいるようです。

私も自宅から近ければ、ぜひやってみたい遊びの1つなのでちょっと悔しい次第です。

私の好きだった60年代の名車達です(当時は憧れました)

Photo_232 いすゞ ベレット1800GT-R

後ろのタイヤがネガティブキャンバー(ハの字)になるところがお気に入りだった。

Photo_234 マツダ ファミリアロータリークーペ

ちいちゃなファミリアにロータリーは強力でした。

.

Photo_235 ニッサン スカイライン2000GT-R

通称「箱スカ」 当時レーシングカーだったプリンスR380のエンジンを移植した「羊の皮を被った狼」桜井真一郎の自信作でした。

.

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月16日 (金)

巣鴨のコンセプト

巣鴨は旧中山道にある「眞性寺」「高岩寺」「庚申塚」という3つの歴史ある施設に訪れる人達や地元住人が買い物をする「巣鴨地蔵通り商店街」をコアとして成り立っているようです。

そしていつまでも多くの人に愛されるように巣鴨の街には次のようなコンセプトを定めております。

Photo_236 ぶらりお参り  ゆったり巣鴨

しかし残念なことに、ゆったりとくつろげる施設が現実には少ないのも事実です。

商店街の入口に2ヶ所座れる場所があるのですが、それも将来道路を拡幅するためになくなってしまう為、高岩寺の境内と郵便局前と巣鴨地域文化創造館の横ぐらいになってしまいます、そこで現在道路拡幅に伴い緑のある休憩場の設置を街では提案しているそうです。

Photo_237

そんなことから巣鴨地蔵通り商店街の店(特に食料品を取り扱っている店)には、店内で腰を下ろせ(ドッコイショと)くつろげる空間を狭いながらも設置してあるところが多く、疲れた方はご遠慮なくくつろいでコミュニケーションでもしていってください。

Photo_238 でも店に入ったら絶対何か買わされるので・・・と敬遠される方も多いと思いますが、そんな方は「当店」で遠慮なく、おくつろぎくださいね((^^ゞ)

ぶらりお参り ゆったり巣鴨 のコンセプトは商店街の人々にも浸透していますのでお気楽に下町風情の感覚で楽しんでいってください。

東京 山手線の下町 ザ・巣鴨からでした。

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月17日 (土)

河口湖の穴場

Photo_276 今の時期は「あじさい」がとてもきれいですよね。

そして「あじさい」はなぜか雨の日の方が映えて見えます。

花や葉に水玉がついているそんなイメージがいいですね。

Photo_278  しかし今日は「あじさい」の紹介ではなく晴れた日に似合う「ラベンダー」のご紹介です。

場所は山梨県河口湖町です

河口湖町ではこの時期(6/17~7/10)ハーブフェスティバルが行なわれています。

会場は河口湖畔の富士山側に(八木崎公園)ラベンダー面積:17,000㎡とその反対側の湖畔にある(大石公園)ラベンダー面積:5,000㎡の2ケ所です。(大池公園もそうだったかな?)

Photo_2772ケ所もあるとどちらに行くか迷ってしまいますが、私は大石公園がお気に入りです。(メインは八木崎公園のようですが・・・)

写真のように「ラベンダー」「河口湖」「富士山」が一望できるので眺めは最高です。

※河口湖の中央にある小さな島は「鵜の島」と言います

Photo_279 そして小さな富士山と大きな富士山も比べられますよ?

この石の富士山は全国にある○○富士と呼ばれる市町村に石の提供を呼びかけ、それらを積み上げて出来ており、全国友好のシンボルにもなっています、そして全国の富士と呼ばれる山の石の標本としても価値のある富士山だそうです。

ちなみに石の数は252ありました。(いろいろな富士が日本にはあるんですね)

Photo_280 そしてここには「自然生活館 ブルーベリーの里」という建物があり中ではブルーベリーの摘み取りやジャム作りを体験できたり、売店ではオリジナル手作りジャム等も販売しております。

他にも地元の大石紬で作った伝統工芸品、ハーブグッズなど幅広く取り扱っています。

Photo_281 私はここの喫茶のテラスでブルーベリーソフトクリームを頂きました。

味は とてもおいしいです まっ こんな景色をみながら食べれば普通のソフトでも美味しくなることでしようが・・・・・。

いかがですか?今の時期「あじさい」もいいけど晴れた日には「ラベンダー」も最高ですよ! 河口湖に行かれた際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月18日 (日)

とにかく今日はみんなで応援しよう!

Fifa 今日は絶対に負けられない日本!

日本 対 クロアチア

(クロアチアに千羽鶴を送っている新潟十日町市のみなさんも、今日だけは日本の応援お願いいたしま~す。)

クロアチアはとにかく守備が堅いので、先制点を与え守られると厳しくなるので絶対に日本がまず先制点を取らなくてはなりません。

その為には小笠原や俊輔がペナルティ付近から積極的にミドルシュートを打ってほしい。

先制点がとれれば、必然的にクロアチアは攻めてくるので、裏をとれる大黒や巻に交代させればさらに追加点のチャンスも・・・・・。

1998フランス大会でシュケルの1発で日本代表が沈められたあの悔しさを忘れずに90分間集中して戦って、なにがなんでも勝ち点3を・・・。

あとは信じて応援するだけです・・・・・

Photo_253 Photo_259

739221535

.

.

.

.

.

470360126739196956

Iii

.

.

.

.

.

さっ~ みんなでいっしょに!

お~バモ日~本♪  日~本!  日~本!  バモ日~本! ♪

ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!

.

blogランキングこちらをクリック  清き一票を!(いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月19日 (月)

お地蔵サマー!スクラッチカードで楽しくお買物

昨日のWカップ 日本対クロアチア戦 もうハラハラ、ドキドキTV観戦でした。

PKになったときは、やられた!と思ったのですが川口能活の好セーブ。「最初は右に飛ぼうと考えていたけど、空気を呼んで左に飛んだ」そうですがやはりプロの勘はすごいものがありますね。

次のブラジル戦(6/22) また熱く応援し みんなの力で決勝トーナメントヘ進めましょう!

「巣鴨では 夏の祭典やっています」

さて本題ですが巣鴨地蔵通り商店街では6月17日(土)~7月9日(日)までの期間「お地蔵サマー 中元大売出し」を実施しております。

Photo_260 内容は地蔵通り商店街でお買い物をすると\2.000で1枚スクラッチカードがもらえます。

中央の丸い銀色の部分をコイン等で削ると空クジなしのその場ですぐに使えるお買物券(金額)が出てきます。

大当り=1.000円分のお買物券

当り=500円分のお買物券

残念=20円分のお買物券

券はどのお店でも共通に使えるので、お買物券を集めて高額商品を買ったり、またお買物券だけでは足りない金額は現金をちょっと足してご利用できます。

有効期間も8月31日までタップリとありますので、ほしい物を前もってチェックしておくのも楽しみの1つですよね。

巣鴨地蔵商店街のお店マップはこちらをご覧下さい。ヒント(お店の名前をクリックするとさらに詳細が紹介されます)

Photo_261 6月17日(土)はスタート初日とあってチンドン屋さんが出て地蔵通りを賑やかに宣伝しておりました。

※巣鴨にとても似合うんですよね この姿!と音が!

※写真を撮った後、お昼ご飯を食べようと「ときわ食堂」に行ったら偶然お会いしたので軽く会釈を交わしてしまいました。

こちらのチンドン屋さんは「東京チンドン倶楽部」のみなさんです。

代表の高田さんは、東京ちんどん日記も書かれているのでこちらもぜひ覧ください。

ちんどん屋の情報が満載!で 私はとても楽しめましたよ。

.

「朝 こんな事もありました」

Photo_262  話しは変わりますが実はこの日(6/17)「高岩寺」のすぐ近く(当社の事務所のすぐ隣)で朝、消防車が駆けつけておりました。

場所は今年4月頃にも火事のあったコーポなのでビックリ!、今回は工事の際 ガス管に傷をつけてしまったので、万が一に備え消防車が準備をしていたそうです。(フー!よかった)

東京は家と家の間が狭い為、すぐに燃え広がってしまいますので万全の注意が必要ですね「備えあれば憂いなし」東京では絶対条件ですよ。

.

blogランキングは何位?←こちらをクリック  (いろいろな地域情報がご覧になれます)

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月20日 (火)

六義園

巣鴨周辺のおすすめスポット

「六義園」(りくぎえん) 

しだれ桜や紅葉で有名な六義園ですが、今の時期「和のあじさいを楽しむ」というタイトルで6月10日(土)~25日(日)まで1000株15品種のあじさいが楽しめます

3_3

Photo_286Photo_285 

.

.

.

.

品種は「ウズアジサイ」「ミヤマエムラサキ」「シチダンカ」「ナデシコガクアジサイ」「ベニガクアジサイ」「ミヤマヤエムラサキ」などが咲いているそうですが正直私にはあまり区別がわかりませんでした。

入口には「あじさい研究家による特別ガイド」1日2回とありましたが、なんと6月18日(日)の1日のみ(もう終わってますが・・・)

実際1.000株というと数多く思いますが1ケ所にかたまって咲いているのではなく、26.000坪もある広大な庭園の所々にあるために、ちょっと淋しい感じもします。

しかし庭園をゆっくり景色を眺めながら歩き、途中できれいに咲いた「あじさい」と出会う度に足を止めてじっくり鑑賞するのもいいもんです。

1_26

Photo_282

Photo_275

.

.

.

.

.

六議園は庭園の真中に大きな池があり、その池の周りをゆっくり散歩できる配置となっています。(回遊式築山泉水庭園<かいゆうしきつきやませんすいていえん>)

東京のコンクリートジャングルの中にいると、この緑がなんともまぶしく新鮮に感じ、別世界にワープしたような感覚になるでしよう。

歩道もアスファルトではなく、土の上を歩くのでとても気持ちが良いです。

.

「六義園の歴史」

歴史は 徳川五代将軍綱吉の側近であった柳沢吉保が1902年に造らせた大名庭園です。

明治時代になって、三菱財閥創業者(岩崎弥太郎)の別邸となりましたが昭和13年に当時の東京市に寄付され現在に至っています。

Photo_283

2_5

1_27

.

.

.

.

.

「六義とは」

中国の古い漢詩集である「毛詩」の詩の六義、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を紀貫之が転用した和歌の「六種の体」に由来します。

「古今和歌集」で「詩経」の六義を和歌に適用し「そえ歌」「かぞえ歌」「なずらえ歌」「たとえ歌」「ただごと歌」「いわい歌」と六種あり柳沢吉保が詩や和歌を愛好していたため、六義による庭園配置となっており、それぞれの歌に合わせた趣があるようです。

.

桜の時期が終わった今は入園者もさほど多くないので、ゆっくり時間を過し心をリフレッシュしたい方には最高のスポットだと思いますよ。

※私は「おにぎり」持参でベンチに腰かけ食べました! 最高です。

「場所」 東京都文京区本駒込6-16-3  03-3941-2222
「交通」 JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅下車徒歩7分/都営地下鉄三田線千石駅下車徒歩10分 

※駐車場はないので電車をご利用ください。

(自転車は園内に設置してありました)

「入園料」 一般\300 65歳以上\150

「開園時間」9:00~17:00 (入園は16:30まで)

東京のお気に入り公園・庭園は こちら で見つけられます。

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

追伸(ちょとうれしい事が)

スズキのHPにて「モーターサイクルフォトコンテスト」が行なわれています。

そこに私の「愛車」が・・・写真に興味がある方はこちらです。(投稿者 カドの写真です)

※うれしくて話さずにはいられませんでした・・・・。

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月21日 (水)

お岩の墓

暑い夏を少しでも涼しく・・・・ということで夏の風物詩とされている「怪談」ですが・・・・。

1_28 今日は四谷怪談に登場するお岩さんのお墓をご紹介いたします。

.

.

Photo_287 場所は都電荒川線(ちんちん電車)の新庚申塚駅と西ヶ原4丁目駅の間にある妙行寺(みょうぎょうじ)東京都豊島区西巣鴨四丁目にお墓があります。

※正式名 長徳山 妙行寺

お岩さんといえば四谷かと思っていましたがまさかここ巣鴨にあるとは知りませんでした。

新庚申塚駅を降りて17号(白山通り)を渡り西ヶ原4丁目駅までの通りを「お岩通り」というので、何でだろう?と不思議に思っていたら なんとお岩さんのお墓があったとは・・・。

Photo_288お岩さんのお墓は明治42年に四谷から当地へ移転してきたそうです。お岩さんを祭っている「お岩稲荷」は「田宮稲荷神社」にあります。(四谷警察署の裏手)

四谷怪談の主人公『お岩さん』は、実在の人物だったのですが実際は「怪 談」とはちょっと違うようです。

「怪談の概略」

お岩という女性が伊右衛門(養子婿)と結婚して四谷に住んでおりました。

ある日、伊右衛門は他の女性と恋に落ちてしまいました。(浮気です)

それから伊右衛門はお岩の食事に毎日少しずつ薬を入れ食べさせました。

それからお岩は日に日に体が弱っていき、髪も抜けて、顔の半分が崩れて瞼が膨らみ醜い姿になり恨みながら死んでしまいます。

そしてお岩は幽霊となって、夫の伊右衛門に化けて出るのであります。(うらめしや~)と・・・・。

※ なぜか右側の文章が変に切れてしまいますが・・・?

もしかして・・・・お岩さんのいたずら?(恐)

注 <髪も抜けての後の「顔」が消えてしまいます?>

  <恨みながら死「ん」は半分きえてます?>

  <化けて出る「ので」は2文字消えています?>

.

Photo_289これがお岩の墓です。

訪れたとき、周りに誰も居なく1人だったので、正直ちょっと恐かったです(笑)

「真実は?」

実際は若い時分に疱瘡(ほうそう)を患い片目を失明し、夫(伊右衛門)の浮気に狂乱したお岩が行方不明となり、その後不吉なことがあったという説と、伊右衛門とお岩はとても仲の良い夫婦であったという説もあるそうですが真実はいかに・・・・・。

Photo_290 日本三大怪談(四谷怪談・皿屋敷・牡丹灯籠)の1つである四谷怪談。

そのお岩さんに塔婆を捧げ、熱心にお祈りすれば必ず願い事が成就すると多くの信者が語っている・・・と書いてありましたので、私も熱心にお祈りをしてまいりました。

巣鴨にお越しの際は、ちょっと訪れてお祈りしてみてはいかがですか?

.

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月22日 (木)

江戸六地蔵の百万遍大数珠供養

葛飾菖蒲まつりのブログ記事より本日、堀切かつしか菖蒲まつり運営協議会 会長 磯貝 義太郎様より感謝のトラックバックを頂きました。ありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。
.

Photo_291 「江戸六地蔵の百万遍大数珠供養」

毎年6月24日 巣鴨地蔵通り商店街入口の左側にある「眞性寺」では午後4時より江戸六地蔵の百万遍大数珠供養が行なわれます。

「眞性寺」 東京都豊島区巣鴨3-21-21 TEL03-3918-4068

詳しくはこちらをご覧ください 写真でご覧頂けます。

百万遍大念珠供養では、全長16m、541個の桜材の珠からなる大念珠を500~600名で念仏を唱えながら回す大念珠供養で、災いからの回避を祈願します。また参加したお子様にはお供物のお菓子を差し上げています。

どなた様も宗教など気になさらずに見学・参加を歓迎するそうです。

Photo_292 またここ「眞性寺」には松尾芭蕉が元禄6年秋、杉風の別邸採茶庵の邸前の萩を見ての句が彫ってある句碑もあるんですよ。

「白露もこぼれぬ萩のうねり哉」(しらつゆも こぼさぬはぎの うねりかな)

Photo_293 (意味)

萩の葉に露があふれるようについている。

そよ風がふいてそれが大きくうねっているが、萩は上手に露を乗せたRokujizo39_1 まま揺れている。

(江戸名所図会 眞性寺)

当時は萩の花もたくさん咲いていたんだろうね・・・。

しかしこの絵はどこから描いたのでしようね

火の見やぐらでもこんな高い所はない訳で・・・・イメージでもこの遠近感はさぞ難しいかったと思います。(境内に坐す大きな地蔵もみごとに描かれています)

Photo_295 これは萩の花です

この一帯は秋になると「萩の花」がきれいに咲いていたのでしょう。

.

芭蕉は芸術性の高い句風を確立し、俳聖と呼ばれていますが、ふるさとは伊賀(現在の三重県) 伊賀と言えばそう忍者が多い所ですよね。

古くから俳諧師は旅をして暮らしたことから、情報収集をともなったと言われていますが真相はいかに・・・・・?

という訳で「江戸六地蔵」眞性寺には、このように歴史がいっぱいあるお寺です。

ぜひこの機会に参加してみませんか?

※ご近所の方は・・・もちろん4時だよ全員集合だよ!(ちょっと古かった?笑)

.

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月23日 (金)

植木の街 巣鴨

Photo_301 「おばあちゃんの原宿」として名高い東京・「巣鴨」ですが、昔は「植木」の生産地として有名だったんです。

以前このブログでも紹介しました桜の「染井吉野」ですが、当時駒込・巣鴨を染井村と呼ばれていて、安濃津藩の江戸屋敷に掃除人として出入りしていた伊藤伊兵衛( いとういへい) が、屋敷内の珍しい花や植木を持ち帰って増やすうちに植木屋になり伊藤伊兵衛の品質改良によって生み出された桜です。Photo_296

 染井村が植木で盛んだった面影が、今でもJR駒込駅の土手が春になるとツツジでいっぱいになることからもわかります。

.

「駒込・巣鴨の植木の発展」

Photo_308 江戸近郊に植木屋が成り立ってくる要因のひとつに、三百諸侯といわれる大名がその拝領屋敷内にきそって庭園を造営したことがあげられます。この大名庭園の手入れに付近の農民が従事するうちに、次第に植木屋化していったと考えられています。駒込・巣鴨辺にも数多くの武家屋敷があり、なかでも染井の藤堂家下屋敷、駒込の柳沢家下屋敷などの広大な庭園を構えていました。

.

「振袖火事」

1657年1月18日 徳川家綱が初期の幕閣政治に取り込んだ頃、冬の江戸の町に北西の強い風が吹く昼頃、本郷丸山の本妙寺から出火した火は風に乗って江戸を炎で包み込み160の大名屋敷、400町の町が焼けほとんど江戸全域が燃え死者は10万人にも昇り、もちろん染井村(巣鴨・駒込)も焦土と化した。

「安行の吉田の権乃丞の活躍」

Photo_300 「吉田権乃丞」(よしだごんのじょう)は子供の頃から花や草花が好きで、当時の江戸の植木生産地染井村(巣鴨・駒込)に出かけては植木栽培技術を学び、安行で庭木や花卉の栽培をはじめました。

焦土と化した江戸や本郷、染井村あたりも復興の兆しが見え始めた頃、す げ笠を被り、天秤を担ぐ吉田権乃丞がそこにいたそうです。

.

Photo_299天秤の中には、小さく揺れ動く花があり、苗木がひしめいています。

以前植木の技術を授けてくれた染井村(巣鴨・駒込)のある江戸の町を復興させ、江戸の町民にお役に立てばという想いで染井村に緑を植えに行ったことが、安行植木の発展の始まりです

Photo_304

吉田権之丞が染井村の植木屋から学んで安行へ伝えた植木の技術は、曲げ物(盆栽仕立て)、挿し木、挿し穂、接木そしてサツキ、ツツジ、ツバキなどの花卉の栽培方法などと言われています。

現在は埼玉県川口市安行吉岡1361にある金剛寺で安らかに眠っており Photo_302ます。

※写真は金剛寺で萱葺屋根の門がとても歴史を感じさせるお寺で、お墓と記念碑がありましたので合掌してまいりました。

Photo_303

安行は、地理的に江戸から5里(約20km)と近く、当時の荷車による行商でも日帰りが可能であったことで、これを見習って近隣農民が植木を作り出し江戸で販売をし、それらが大ヒットしていったと言われております。.

とげぬき地蔵尊で有名なおばあちゃんの原宿「巣鴨」ですが、以前は「植木の巣鴨」だったんですね。

.

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月24日 (土)

覚えていますか? あの歌!

巣鴨=お地蔵さん という事で今日はお地蔵さんについてちょっとお話させて頂きます。

Photo_307 みなさんは「お地蔵さんが出てくる この歌」をご存じですか?

中高年の方々(失礼) は幼い頃1度は唄った覚えがあるんじゃないですか?

この歌を・・・

♪ 村のはずれの お地蔵さんは♪ いつもニコニコ見てござる♪

思い出しました? 曲を思い出せない方はこちらで聞けます。

作詞は山上武夫さん 作曲が海沼 実さん そう、この歌は「見てござる」という題名です。

なぜこの歌をご紹介したかと言いますと、どこのお寺か忘れてしまったのですが(お寺巡りが最近多いので・・)この歌を通してお地蔵さんのことが書かれている内容を読んで、すごく感動したことがあったんです。

(書かれていた文面)

1_29 お地蔵さんは、ほんとうにどこにでもおいでになる

道沿いに 田んぼ道に   雨や風や雪にうたれながら 路の片隅に そしてあなたの心の中に・・・・

お地蔵さまはどんな環境のなかにおいでになっても常に静かに微笑みをたたえて、いつでも、どこでも ニコニコしながら ゛見てござる゛

そう あなたも私も お地蔵さまのみこころを我が心として・・・・・。

.

お地蔵さまの顔をず~と見ていると、なぜかあたたかさを感じて、いつでも見てくれている気持ちになりませんか?

3_4 お地蔵さまを調べてみると仏教が生まれるよりもっと古い時代に信仰されたインドの「大地の神様」が起源で、「地上に存在する生命あるものの全てをやしなってくださる者」という意味を持っているそうです。

そんな お地蔵さまに 合掌。

※ 絵は「にわぜんきゅうさん」の作品です

.

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月25日 (日)

まだ咲いてます!白山神社

Photo_314 巣鴨のおばあちゃんの原宿からちょっと入った路地で、コンクリートに囲まれながらも元気に咲いているきれいな「あじさい」をみつけました。

まだまだ元気に咲いているんですね。

という事で、今日仕事帰りに あじさいで有名な「白山神社」 にまだ咲いているのか行ってみることにしました。

「あじさいまつり」の期間は6月8日~6月18日だったのですが、こちらもまだまだ元気に咲いておりました。

Photo_309 白山神社は巣鴨から都営三田線で2つ目の駅で巣鴨からすぐ近くなんです。(巣鴨--千石--白山)

ホームページでは白山駅から徒歩3分とありましたが、写真のようにすぐ見えますので私は2分ぐらいで神社まで着いてしまいました。

Photo_310

近づくと神域への入口を示す立派な鳥居がありました。

鳥居からは、ちょっと坂道になっており短い階段を上がりますと徐々に「あじさい」が顔を出してきます。

あじさいまつりが終わったせいか・・ちょっと元気のない「あじさい」もいました。

Photo_311 日曜日ですが、もう時間が6時30分を過ぎているためか、人も少なかったのでちょっと「あじさい」も不満そうな気配?

※写真は階段を上がった場所からのショットです。

日中ちょっと雨がパラついたせいか、ちょっと濡れた「あじさい」もあり、私にはとてもいい雰囲気でした。

Photo_312 手水の両側にもまだしっかりと「あじさい」が咲いて出迎えてくれました。

ここでちょっとビックリしたことが・・・・

写真を撮ったあと、手水に近づくと、黒いねこが水を汲む横に座っていて、鋭い目でこちらを睨んでいたんです・・・・・中はちょっと暗いため、すぐには「黒いねこ」に気が付かなく、柄杓で水を汲み上げた瞬間だったんで、柄杓を・・(後はご想像におまかせいたします)ほんとビックリ心臓が止まりそうな瞬間でした。(笑)

Photo_313 (ちょっと注意!)

本殿の裏へ行く際は花に見惚れて歩くと、頭をぶつけてしまう個所があるので気を付けてください。

写真ではわかりずらいですが、160cm以上の方は前を見て歩きましょう。

※ちなみに私は身長176cmですがけっこう屈みましたので・・・・。

あじさいは本殿の裏手の白山公園にかけて、約3,000株の紫陽花が自生しているそうです。

.1_30  2_143_5

.

.

.

.

お近くの方で、今年 まだ「あじさい」を見られていない方はチャンス!・・・まだ白山神社では元気にあ・じ・さ・いが咲いていま~す。

駅からも近く無料ですので、今年最後の見納めに行かれてはいかがですか?

.

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月26日 (月)

おばあちゃんのメッカ!大阪にもありました

Photo_315 先日なにげなくTVを観ていたら

東京・巣鴨が 「おばあちゃんの原宿」なら・・・

ここ大阪・石切は 「おばあちゃんの竹下通リ」・・・・・

と放送されていた番組がありましたので、ちょっと身を乗り出して観てしまいました。

おばあちゃんの竹下通りとは大阪にある「石切参道商店街」のようです。

TVでは近鉄奈良線石切駅より石切神社に至る参道に130店の商店が立ち並んでおり、その中でも占いの店が多く50店舗もあるそうです。

※なんでも占いの発祥の地だそうです。

TVでは占い師が直接店頭に立ち、お客様の呼び込みをしていると紹介して映像を写していましたが巣鴨ではほとんど椅子に座ってお客様が来るのを待つスタイルです(さすが大阪商人!)

「石切参道商店街」の店の様子はこちらでご覧なれます。

「巣鴨」の商店街に良く似ていますよね。(共通はレトロなお店かな?)

ところで、なんでおばあちゃん達はこのように信仰の街に集まるのでしょうか・・・・

やはり体の健康や先祖を敬いつつ、なごやかな楽しみの場を持つために、お寺へ参詣しているのかな?

詳しい石切神社サイトはこちらでご覧になれます。

.

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月27日 (火)

八百屋お七

一昨日の白山神社のあじさいをご紹介しましたが、その目と鼻の先に「八百屋お七」のお墓がありました。

八百屋お七といえば「好色五人女」(五つのきわめて特異な恋愛事小説)や歌舞伎などで耳にしていましたが、巣鴨からこんな近くにお墓があったとはまったく知りませんでした。

場所は都営三田線白山駅(巣鴨より2つ目)下車徒歩3分 円乗寺 

Oshichi  「八百屋お七」

お七の生家は駒込片町(本郷追分とも)でかなり大きな八百屋を営んでいました。

天和2年(1682年)12月近くの寺院から出火でお七の家が焼けて円乗寺に避難しました。

避難中、寺の小姓の佐兵衛(または吉三郎)と恋仲になった。

00021964 やがてお七の家は再建されて実家に戻ったが、お七は会いたい一心でつけ火をした。

放火の大罪で捕らえられたお七は、天和3年(1683年)3月29日火あぶりの刑に処せPhoto_317られた。

数えで16歳であったという。

つけ火の理由は火事騒ぎで偶然出会ってまた別れてしまったので、また家が焼ければ円乗寺へ行ってまた恋しい佐兵衛さんに会えるのではということでした。

Photo_319喧嘩と火事は江戸の華といわれるように、江戸時代は火事が多く大小含め1798件あったといわれています。

1693年頃の江戸の人口は約80万人でその頃は今の東京よりもっと狭い範囲であったようです。

そして当時の町方の七割は木造の長屋住まいなので、火事になるとあっという間に火の手がまわり大火事になりやすく「放火」は死罪と重い刑であっ2_15たようです。

こちらがそのお墓です。

有志が建立した270回忌の供養塔、鈴ヶ森(当時の処刑場)でお七が処刑された当時の住職が建てたお墓(供養塔)、歌舞伎役者岩井半四郎(五世)が建立した供養塔と3基の墓石がありました。

Photo_321火のついたような「恋」とはまさにこのことを言うのですね。

当時は女性から男性へ告白なんて、とても出来ない時代だったからいろいろ思案したんだろうね。

またこんなエピソードも残されているようです。

当時15歳以下ならば子供ということで死罪ではなく島送りになるそうで、取調べにあたった奉公は、幼くていじらしいお七を見て何度も「その方、年は15であろうな」と問いかけたが、お七はその度に「16でございます」と答えたそうです・・・・・。

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月28日 (水)

創業100年

Kame みなさん今日はゴシゴシと洗う道具の1つ 束子(たわし)のお話です。

束子といえば「亀の子」がお馴染みですが、実は巣鴨のすぐそばに会社がありました。

Map 場所は写真の地図をクリックしてみてくださいね。

亀の子束子は今年の6/14で創業からちょうど100年目になるそうで、ここ滝野川に移ったのは明治42年(東京本郷真砂町より)のようです。

Photo_322 世の中多くの新商品が誕生して消えていく今の世の中で、明治・大正・昭和・平成と 100年に渡るロングセラー商品はなかなかありませんよね。(すごい!)

今でも年間600万個の製造。30ヵ国への輸出しているそうですから更に驚きです。

.

Photo_323

こちらの看板は昭和23年に有限会社西尾製作所から改名したときの看板のようです。

ところで束子って何で出来ているんでしょ・・・?

ということで調べみると原料は環境にやさしい天然素材、ココナッツ椰子(やし)で出来ていて、その製法は100年経った今でも 変わらないそうです。Poster

亀のように長生きな「亀の子束子」にちょっと興味が涌いた方は・・・ぜひ亀の子束子ホームページに「亀の子束子誕生の秘話」がございますのでご覧ください。

(裏話)

巣鴨の地域情報ということで、なにげなく街を探索していたら、とてもレトロな洒落た建物があったので調べてみたところ「亀の子束子」の会社だったという訳です。ほんとはここ旧中山道は今でいう道の駅のような場所だったので、その面影を探していたんですがすばらしい歴史ある会社を見つけましたので紹介しました。

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月29日 (木)

種子屋発見!

Photo_324 巣鴨付近の旧中山道は4/2のプログでも紹介しましたが、江戸時代「タネ屋街道」と呼ばれてているほど、種子屋が多かったそうです。

.

.

Photo_325 そこで現在も1件ぐらい、その面影があるのではないかと旧中山道を歩いてみたところ、西巣鴨で種子屋さんを発見できました。(やったー!)

店の裏には立派な榎本家の邸宅がありましたが、残念ながら表の種子のお店は閉まっていて現在は営業はされていない様子でした。

お店のガラスにはごらんのように、「東京種苗株式会社」と書いてありました。

Photo_326 当時、長野県諏訪の種の行商人が豊島区西巣鴨の榎本種苗店に仕入れにきたらしく、馬12~3頭を曳いて種子を仕入れ、帰り道「萬種物」の旗を立て街道筋の種子問屋に卸していったり、農家に販売して歩くなど、富山の薬売りと同じように種子も行商により商われていたそうです。(JA東京グループ東京種苗会より)

どうやらここは種苗問屋の老舗だったようですね

当時江戸では人口が急速に増加したため、食糧、とくに野菜不足に悩まされていて、幕府は全国からおいしい野菜の種や苗を集め、入植者には年貢を免除するなどの特典を与えて野菜づくりを奨励していたという歴史もあり、小松菜や練馬大根といった、いわゆる「江戸野菜」も開発されるようになったそうです。

そして現在でも東京では実に約150種類の野菜がつくられているそうです。

驚きですよね。

江戸・東京の農業 旧中山道はタネ屋街道といわれた歴史が少し見えてきたようで、なんだかちょっとうれしい1日でした。

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

2006年6月30日 (金)

豊島区最初の公園

昨日紹介しました「東京種苗株式会社」前の旧中山道をさらに板橋方面へ進むと明治通りに出ますが、そのすぐ左側に豊島区で最初に出来た公園「千川上水公園」(西巣鴨2-39-5)があります。

Photo_327 写真は公園内に書かれていた説明板です。

江戸の急激な人口増加に伴い、江戸への新たな給水が迫られ次々と人工の水路(上水)を開設していきましたが、その1つが千川上水です。

具体的には、千川上水は元禄9(1696)年、小石川白山御殿、湯島聖堂、上野寛永寺、浅草寺御殿と下谷・浅草方面の江戸市民の飲料水を確保するために、玉川上水を分水した上水で、ここに作られた溜池(沈殿池)で、砂やごみなどを沈殿させた後、木樋(もくい)や竹樋(たけい)の暗渠(あんきょ)となって(現在の水道管です)江戸府中へ給水されていたそうです。その後、近隣農村の農業用水としても利用された歴史ある場所です。

ですからここの公園は江戸の大切な溜池だったんですね

まさか!旧中山道の下に水道水が走っていたとは・・・・これまた驚きです。

Photo_328 現在、公園内には明治時代に駒込六義園方面への送水に使用していたバルブ(巻き揚げ器)が現在も残っていました。

公園になったのは昭和15年で豊島区最初の公園としてオープンしたのですが、現在公園内には人も少なく ちょっと淋しいのが残念でした。

ここの近くにある大正大学、淑徳巣鴨中学・高等学校のみなさん!

豊島区の歴史遺産である千川上水公園をぜひご利用くださ~い。

blogランキング今何位?←こちらをクリックするといろいろな地域情報がご覧になれます。

.

巣鴨のこだわりにんにくや奈田利亭

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »